ATND.orgの終了に伴ってATND検索を終了します

2009年頃に開発していた ATND検索 というサービスがあるのですが、2020年4月2日(予定)を持ってサービスを終了します。

このサービスは、自分が最初に作ったWebサービスということで、ドメインをずっと更新し続けてきたのですが、今年も更新のタイミングがやってきてきたぞということでふと 本家ATND を見てみたところ、2020年4月14日をもってサービスを終了するというお知らせが。

ATND検索は、ATNDのWeb APIを利用しているので、ATND自体が終了するということでAPIも利用できなくなるためサービス継続が難しくなりました。

このサービスの開発を通じて、サービスを0から作ってみるという経験ができたり、転職をしたり、インターネットを通じてフィードバックをもらったりと様々なことがありました。これまでありがとう。

今年は何か小さくてもいいので、久しぶりにサービス開発をしてみようかな。

使っているツール棚卸し2017年5月版

CTOの仕事とは (1)

2016年ふりかえり のエントリでも書いたが、AGRIBUDDY というスタートアップのCTOをしている。

CTOの役割というか、どういう仕事をしているのか、この約10ヶ月で自分のやってきたことをふり返りながらまとめてみる。

前提

会社・開発チームの規模感

  • アーリーステージ(シリーズAAが終わったところ)
  • ビジネスサイドはカンボジアにいる
  • 小さな開発チーム(自分を含めて4人... サーバーサイドが2人、モバイルアプリのエンジニアが1人) 
  • 自分はシンガポール居住でリモートで参加
  • 開発チームもメンバーの半数以上がリモート(ベトナムから1名、カンボジアから2名)

やってきたことを列挙してみる

  • 開発チームのマネジメント
  • 開発フロー策定
  • タスクの優先度決め
  • コードレビュー
  • モバイルアプリのリリース前チェック
  • プロダクトマネジメント
  • プロダクトオーナー(CEO)と毎日の定例ミーティング
  • アプリ、Webのプロトタイピング
  • マーケティング、オペレーションからのフィードバック対応
  • データ分析
  • KPIダッシュボード作成(Redashにだいぶ助けられた)
  • アライアンス先とのやり取り
  • デモアカウント作成
  • フィードバック対応
  • 技術の窓口になる
  • 資金調達まわりの数字まとめ
  • 今後の計画をCEOと議論

多岐にわたっているなと。

所感

コードを書く時間はほとんどなかった。(データ分析、可視化まわりでSQLに関してはかなり書いたw)

今までの自分のキャリアでコードを全然書かなくなったことが無いのと、自分はコードを書くことも好きなので、コードが書けなくなるストレスを懸念していたがそうでもなかった。 自分はプロダクトを成長させる事自体にやりがい・楽しさを感じるタイプだと再認識することができた。

ただ、コードを書いてプロダクトを作ることももちろん好きなので、仕事とは関係なくコードを書く時間を意識的に確保していきたい。 仕事でコードを書くと、自分がボトルネックになってしまうので...

How I Work(2017年版)

ライフハッカーHow I Workという連載が好きで定期的に見ています。生産性が高そうな人の持ち物、ツール、考え方が参考になるので。

では自分はどうなのか?をまとめておきます。

居住地:シンガポール
現在の職業:ソフトウェアエンジニア
仕事の仕方を一言で言うと:几帳面に
現在の携帯端末:OnePlus One, iPad Mini
現在のPC:MacBook Pro Retina 2015 late

1. 「これがないと生きられない」アプリ/ソフト/道具は何ですか?

PC、インターネットが無いと生きていけません。

2. 仕事場はどのような環境ですか?

リモートワークをしているので、カフェが主です。

3. お気に入りの時間節約術は何ですか?

N/A

4. 愛用している、仕事をうまく進行させるためのツール(ToDoリスト、アプリ、道具など)はありますか?

N/A

5. 携帯電話とPC以外で「これは必須」のガジェットはありますか?

N/A

6. 仕事中、どんな音楽を聞いていますか?

Spotifyで歌詞の無い曲を適当に選びます。

7. 仕事において役に立った本、効果的だった本は何ですか?

Inspired: 顧客の心をとらえる製品の創り方 シリコンバレーのプロダクトがどのようにして生み出されているかを知ることができたので。

8. 現在、どんな本を読んでいますか?

マネジメント系の本が多いです。

9. 睡眠習慣はどのようなものですか?

眠くなったら寝る(平均して1時くらい〜7, 8時くらいまで寝ていることが多いです)

10. 仕事をよりよく進めるために「習慣」にしていることはありますか?

人に動いてもらわないといけないところを優先的に。

11. いまお答えいただいている質問を、あなたがしてみたい相手はいますか?(なぜ、その人ですか?

スティーブ・ジョブズMaciPhoneを生み出した人の働く環境の一端を見てみたいから。

12. これまでにもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください。

N/A

13. 最近購入したものの中から、特に気に入っているものがあれば教えてください。

Ergodox EZというエルゴノミクスキーボード。使い始めてから肩、背中周りが楽になりました。

2016年ふりかえり

仕事も収めたので、今年のふりかえりをしておく。

2016年は仕事・プライベート共に、大きな変化のある年だった。

居住地は引き続きシンガポール

仕事

今年の2月から AGRIBUDDY というスタートアップに参画した。

カンボジアをベースにオンライン農協を作ろうとしている Agritech/Fintech なスタートアップ。

CEOは日本人だが、他のメンバーは外国人。国籍もカンボジアベトナムリトアニア、アメリカと様々。

普段はリモートで開発に参加。 2~3ヶ月に一度1〜2週間くらい出張として現地に行って、対面でのコミュニケーションを取るようにしている。

開発チームは自分含めて4人(自分、サーバーサイドエンジニア2人、モバイルアプリエンジニア1人)。

役割としてはCTOで、開発全般に関わっている。 * CTOとしての仕事の内容については、長くなりそうなので別エントリで。

英語

シンガポールに来てから約3年半が経った。 最初の2年半くらいは日本の仕事をしていたこともあり、現地に住んでいても英語を使う機会は少なかったが、今の仕事をはじめてからは使う機会が格段に増えた。(使わないと仕事にならない…)

結果、この約10ヵ月で読み書きはかなり上達した実感がある。 一方、テキストでのやりとりが多いので話す、聞くはまだ苦手。

買ったもの

運動不足がたたったのか、背中痛が気になるようになったので、エルゴノミクス系のものに興味が出てきた。 とはいえ根本解決には運動が一番だと思うので、後半は意識して走ったり、プールで泳いだりをしていた。

  • Ergodox EZ

    • 流行りモノだが、使い始めてから肩、背中周りが楽になった。中々場所をとるのと、打ち慣れるまでが大変だった。たまにHHKBに浮気したりしている。
  • Ergotron WorkFit-A

    • スタンディングデスク的に使える作業場所付きモニタアーム(リンク先見てもらった方がわかりやすそう)

読んだ本

悩みごとがあると本に解を求めがちなのもあり、仕事で役に立ちそうだと思って読んだ本が多い。 マネジメント系が多く、あまり技術書は読めなかった。。 今年前半にやっていたプロジェクトのために買ったRailsの本、今やっている仕事用にLaravelのリファレンス本くらいか。

プライベート

  • 結婚
  • おじさんになった。(甥っ子かわいい・・・)

2017年にやりたいこととかは別エントリにする。

AWS LambdaのデプロイツールKappaを試す

AWS Lambdaを使っていて気になるのがデプロイ周り。

何かないかと思って調べていると見つかったのが、Kappa。(アルファ α、 ラムダ λ、カッパ κ でKappaか...)

Qiitaとかで調べても情報が出てこないので、日本ではマイナー!?

ともかく使ってみることにする。

インストール

github から clone してきて、リポジトリのあるディレクトリで、

$ python setup.py install

するだけ。

*最初、error: jmespath 0.9.0 is installed but jmespath==0.7.1 is required by set(['botocore'] というエラーでインストールが止まってしまったが、この辺 とか、 この辺 を参考に、pip install botocore boto3 してから再度 setup.py を実行したらインストールできた。

Mac環境構築メモ

経緯

MacBook Pro Retina 13' を購入。(もうすぐ新しいモデルが出そうなので、出ちゃったら悔しい・・・) 久しぶりにまっさらから構築することにしたのでメモ。

Ansibleを使う

Mac の開発環境構築を自動化する (2015 年初旬編) をとても参考にさせてもらってツール周りはセットアップした。

自分ものもgithubにpushした ojimac/macbook-provisioning

Homebrew Cask 未対応でApp Store.appから直接インストールしたアプリ

  • 050plus
  • DaisyDisk(Caskには入っていたが、インストールには失敗した...)
  • Duet(Caskには入っていたが、起動しない...)
  • EchofonLite
  • LINE
  • MenuMeters(El Capitan対応がまだだった)
  • Memory Clean
  • Pomodoro One
  • PopHub
  • Sunrise Calendar
  • ToyViewer
  • WiFi Explorer

その他

ターミナル

  • テーマをProへ変更
  • フォントサイズを13 -> 14に変更
  • カーソルをオレンジに(目立って分かりやすい)

システム環境設定

  • Energy Saver > Sleepしない設定に
  • Keyboard > Key Repeatを最大に
  • Keyboard > Delay Until Repeatを最大に
  • Keyboard > Modify keys > caps lockをcontrolに割り当て
  • Keyboard > Shortcuts > Keyboard > Move focus to next window のショートカットを alt + tab に変更する
  • TrackPad > タップでクリックになるようにする
  • TrackPad > Tracking speed タップでクリックになるようにする
  • Sharing > コンピュータの名前を設定(デフォルトだと、名前 + 's Macbook Proとかなってダサいので...)
  • Tabキーでボタンなど全てのコントロールへフォーカスを移動させる Keyboard > Shortcuts > All controls のラジオボタンにチェック

ショートカットキー

  • Spotlightのショートカットキー ⌘+Space を無効に。代わりにIMEの切り替えに割り当てる
  • Alfredの起動をCtrl + ;に設定

Finder

  • Preferences > Sidebar > All My Files とか iCloud Driveとか使わないもののチェックを外す
  • Preferences > Advanced > Show all filename extensions にチェックを入れる
  • View > Show Path Bar
  • View > Show Status Bar
  • 不可視ファイルを表示する
    • $ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true
    • $ killall Finder

ステータスバー

  • バッテリー残量%を表示

Alfred

  • 辞書.app と連携。d 調べたい単語 で辞書を引けるように。

開発環境周り

  • それなりのボリュームになりそうなので、別エントリに。

部屋の引っ越しすると荷物が整理されるように、Macも買い換えたタイミングで使ってないアプリや設定等を整理できて良いです :)