読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

助太刀会計をインストールしてみた

普段の業務では会計システムの開発をしています。
会計知識をつけつつPerl, PHPなどのLLも身に付けたいなぁ、と常日頃から思っていてふとネット上を検索していると、こんなプロジェクトがありました。
http://www.sukedachi.org/
Apache, PHP, PostgreSQLで動く会計ソフトです!!これは自分にうってつけのソフトウェアだと思い、早速インストールしてみました。本当は、VMWare上にあるLinux上にインストールしてみたいところなのですが、
今回は手っ取り早く環境を作って動かし、会計知識、PHPを学ぶことが目的のため、Windows上に環境を構築してみます。

インストールしてみる

インストールマニュアルによると、推奨(開発元で確認)されているバージョンは下表のようになります。

Apache 2.0.59(2.2系はPHP4未対応とのこと)
PHP 4.4.7(PHP5は不可だそうです・・・)
PostgreSQL 8.2.4

ただ、各々の公式サイトに行っても同じバージョンは手に入りません。
バグ修正などが入っていて、マイナーバージョンアップしていたり(Apache,PHP)、同じバージョンのリンク先が消えていたり(PostgreSQL)で現状、手に入れられるのは、下表が近しい環境となりました。

Apache 2.0.63
PHP 4.4.9
PostgreSQL 8.2.5

それぞれのインストールはGoogleで検索したり、インストールマニュアルを見たりですんなりいったのですが、
PHPPostgreSQLの連携がうまくいかず、
php.iniの設定をいじくっても、phpinfoに表示されません・・・。
ここでもっと深追いするべきなんでしょうが、当初の目的大きく外れてしまうこと間違いなしなので、ここは渋々諦めました。

XAMPPのインストール

MacApache+PHP+MySQLの環境を手軽に作れるMAMPというソフトウェアがあります。
それのWindows版のようです。今回の要件に合うようなバージョンを探したところ、
1.4.16というバージョンがApache2.0系、PHPが4系だったので、ダウンロード。
ここで、ちょっと失敗。サイズが小さいlite版というのを選択したのですが、readme_en.txt
を見るに、lite版にはPHP5しか入っていない様子。まぁ、PHP5で動かしてみてだめだったら
また考えようということで作業を進めます。
インストールはとても簡単で、

  1. C:直下に解凍したフォルダを配置。
  2. C:\xampplite\apache\conf\httpd.confにPHPの設定をする。
  3. C:\xampplite\apache\bin\php.iniで以下の行のコメントを外す。
    • extension=php_pdo.dll
    • extension=php_pdo_pgsql.dll
    • extension=php_pgsql.dll
  4. ここで、xampp_restart.exeを実行して、ApachePHPを再起動、PostgreSQLのサービスを再起動します。
  5. htdocs配下がドキュメントルートとなるので、C:\xampplite\htdocs\配下に助太刀会計のソースを解凍したフォルダをC:\xampplite\htdocs\sukedachikaikeiとして配置します。
  6. http://localhost/sukedachikaikei/Kaikei/Menu.phpにアクセスすると、以下の画面が現れます。


↑何気にGoogleChromeです。

なんとか起動画面までこぎつけました!!!

次回からはソース解析に入っていきたいと思います!